戻る 合同研究会第3報