RealPlyerによるコンテンツ作成入門(SMIL)

RealPlayerはストリーミングを再生できるメディアプレーヤーとしてRealNetworks社が開発したもので、SMILというマルチメディアファイルを統合的に扱う言語をメモ帳などのテキストエディターで書くだけで再生ができます。すなわち、文字(Text)・静止画像(Picture)・音声(Audio)・動画像(Video)などの部品(クリップ)を統合して表示することができます。この講座では,Real Systemで表現する各クリップを学習したあとで,これらを統合するためにSMILを学習します。
 なお、講座では無料版のPlayerを使いますので特にアプリケーションソフトを購入する必要はありません。インストールされていない場合は、リアルネットワークスホームページからダウンロードしてください。ダウンロードに際して、不要なサービス情報を受け取らないように、チェックをはずすことをお勧めします。また、メールアドレスの入力欄についても、入力しなくてもダウンロードは可能です。



FLASHによるコンテンツ作成入門

FLASHは、Web上で動的な表現ができるコンテンツ作成ツールとして広く普及しています。また、ActionScriptを使うことでプログラミングができ、外部ファイルとのリンク、双方向のコンテンツとして様々な表現が可能です。この講座では、基礎的なアプリケーションの操作方法から、ActionScript2.0を使ったプログラミングまでの基本を学び、自分で解説書などによる独学ができるようになることを目的にしています。教材は、FlashMX2004で作成されていますが、Macromedia FlashProfessional8でも学習可能です。
なお、AdobeFlashCS3Professional以上では、ActionScript2.0を選択すれば使えますが、CS3のActionScript3.0とは、プログラムの考え方が大きく異なっています。



logoプログラミング基礎

MITのシーモア・パパートが開発した、タートルグラフィックスに代表されるlogoは、画面上の鉛筆を持った亀をプログラムで操ることで、画面上に様々な図形を描くことができる教育用の言語です。この講座で使うマイクロワールドEXは、日本語でプログラムでき、プレゼンテーション機能を兼ね備えています。WebPlayerをインストールすることで、Web上でも再生ができます。子どもの思考を高める道具としても、先生の教材作成の道具としても有効なソフトウェアです。
この講座では、様々な図形を描いたり、簡単なゲームを作ったりしながらプログラミングの基礎を学ぶことを目的にしています。
なお、「マイクロワールドEX」は株式会社エフ・シー・マネジメントが制作元のカナダLCSI社と契約し、日本国内にて販売していますが、当研究所で扱っていますので購入されるときは相談ください。
講座を受講される方には特別価格にてご提供します。
定価:単品16,800円(税込)、追加1ライセンス7,350円(税込)、スクールライセンス340,200円(税込)